テーマ:昔の思い出

アタシの好きな「相馬」

福島県の相馬市。栃東関の故郷・・・だったような。間違ってたらごめんなさい。ここへは過去2,3回ほどお邪魔した。ドクターこぱの大開運吉方位。アタシの割り出した仙台からの八方位の、その年のラッキー方位にあったのが福島の相馬だった。ただ、何ぶんにもそそっかしやのアタシのやること、ずれてないとはいいきれないのが頭痛の種だ。もしずれていたとしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまは亡き我が師匠の教え

一地方の、私立の大学の、貧乏学生であったとはいえ、その時代、アタシにはお師匠様が居た。専門が国語で、書道教諭の免許も取るつもりであったから、それは当然といえば当然だが。ある日。このお師匠様に言われた。「へたくそだからって、安い紙で、安い墨で、安い筆で練習したって何にもならねえど」そのときアタシは、節約と称して、「シンプルリッチ」とかいう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非常識なくらいに貴重な雑巾

昔々の物語。といっても、アタシが小学生だった頃のことだ。半年にいっぺんくらい、先生様、「お家で、要らない布で雑巾を作ってもらって、持って来なさい」なんてこと、言われたことなかったかい。少なくとも、アタシの記憶ではそういうのがあった。2枚作って持ってこいって。ところが。雑巾にするような余り布なんて、我が家には無かった。贈答品で大量に余って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまでも不思議なこと

昨日書いた話の続き、というか、補記。アタシが不思議でたまらなかったこと。変形学生服、所謂ボンタンとかドカンとかと、学ラン。アタシの頃の流行は、上が短ランで、下がボンタン。これが一般的といッちゃ変だが、オシャレしたい奴っていえばいいかな、個性を出したい人は大抵そんな感じだったかなと。それで頭がリーゼント。アタシが不思議でたまらなかったのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嗚呼あこがれのボンタン

この話前にも書いたかな?アタシが中学生だった頃。まだ、制服は真っ黒けの学生服で。あの頃着てみたかったのは、ダボダボのいわゆる「ボンタン」と、やけに裾の長い「長ラン」。今でもたまに見かけることは見かけるが、大抵は応援団くらいだべな。あの頃は、そういうのが流行りみたいで。不良ってわけじゃないけど、なんつうんだろ、オシャレ心をくすぐったという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東西栄光まっしぐら!

このタイトルは、アタシが勝手に支持するロックバンドの、かなり昔の企画ライブのタイトルを無断拝借いたしました。ちなみにいまは「リーグオブフェイス」といって、昨年末に観に行ったときは第39回だったかな。さて、何でその大昔のタイトルを持ち出したか。このバンドを主宰する方のブログを毎度欠かさず見ているアタシだが、今日だったかな、昔のメンバーの結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縁は異なもの・・・あと何だっけ?

仙台駅から歩いて、だいたい5分から10分くらいの距離の所に在る、と思う、新寺の「まくろび庵」。歩き方とコースによってはもっと早く着けるかも。しかし、不思議な縁だ。アタシがまだ小学生だった頃、オヤジ殿が国鉄マンだったんで、アタシども一家は、国鉄マン専用のアパートに住んでいた。線路のすぐ脇でさあ。朝から晩まで鉄道三昧。いまから思えば凄く贅沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オヤジ殿の思い出

アタシの父、オヤジ殿のことはこれまで色々書いているが、オヤジ殿自身のことにはあまり触れてない。プライバシーみたいなことも考えなくっちゃと思ったからだが、時たま非常に貴重なコメントが出ることもある。それをここで紹介してみようと思う。オヤジ殿は元は国鉄マンだ。機関車一筋。蒸機から始まって、線路の上で動かすものは一通り動かしてきたという。研修…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああ岩手県!

思い出しついでだ。アタシの青春を心地よく過ごさせてくれたかの地、岩手県の、もう一度見たいもの聴きたいものを列挙しよう。まずは「いわ~てぇ~ふるさ~とぉよ~・・」の、地酒のCM。「かんざん」も。「納豆道初代宗家」とやらが出てくるテレビCM、これは絶対もう一回見たい。あのときビデオデッキさえあればなあ・・・。岩手は何故だか焼肉屋さんのCMが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夏みかん」と「ポテトサラダ」

今回は、小学校のときの給食の話でござる。いまでこそ、何でもござれの食欲魔人だが、小さい頃は偏食とはいかなくても、お口に合わないものは食べない主義だった。給食といえば、「お残しはゆるしまへん」の代名詞みたいなもの。嫌いなもの、得手でないものは申告して少なく盛ってもらうこともできたが、そんなとき、意地悪な奴が当番だったりすると、わざとたっぷ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中古の『薔薇』を手に入れたのさ・・・・・

アタシは昔、というか大学生のころだがね。ダムドというバンドが好きで。「ニューローズ」という曲が一番好きだった。やっとの思いで車の免許を取って。でも、車を買うところまではいかなくて。通学と買い物と、あらゆるところに自転車を活用しておったが、ついに原付を買った。それが「薔薇」という。スズキの真っ赤なスクーター。故郷を離れて一人暮らしだったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嗚呼稲荷寿司!

さてこのビール、飲んだのが2時頃だったかな、まあだ酔いがさめない。7度ってのは強い方か?「インドの青鬼」なかなかの効き具合。気に入った!強烈な苦味も。今度買ったら、お友達に進呈しよう。全くこのビールでは、焼酎なんぞ混ぜて呑んだらあっという間にひっくり返ることだろうて。昔はよく呑んでたのに、めっきりと燃費がよくなってしまったのう。量で呑む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ行け保育所、幼稚園、ヘイ!

小さい頃、幼稚園の辺り。午後四時辺りと思う。ピンポンパンだったか、ポンキッキだったか、それは定かでない。ペギー葉山さんの歌がいまだに頭に残る。それも、一部分だけ。それがタイトルにある「いざ行け保育所・・」なの。もう少し思い出すと、「・・・、元気に仲間と手をつなぎ、いざ行け保育所、幼稚園・・」なのさ。アタシはこれを幼稚園から帰ってきて、家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリジストンのモンテカルロ

小学5年生の頃。アタシは映画「トラック野郎」が好きだった。プラモは集められるだけ集めた。覚えてるだけでも、「天下御免」、「望郷一番星」、「雲龍丸」、「ボルサリーノ2」、映画には出てこなかったらしいが、何故かシリーズ扱いだった「のぼり竜」、あとは20分の1サイズで「やもめのジョナサン」、アオシマのでっかいののシリーズで、「唐獅子」あともう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きだったテレビ番組〔大昔の〕

昔々、「スーパージョッキー」というテレビ番組があった。司会はビートたけしさんで、出演は、たけし軍団。おもしろかった。いつも、アレを見て大笑いした。アタシの日曜日のお昼のお楽しみ。「軍団チャレンジ!体が資本だ」とかいわなかったかな。水中ジェスチャーとか、道路工事の機械を使った整体とか。今じゃもう、あれはやれないことだろう。「夕焼けニャンニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐車係というお仕事

アタシは昔、とあるデパートの駐車係をしていた。売り場の割りに狭い所であった。おまけに立体式。一号機と2号機とあって、まず、ターンテーブルに載せて、運転者以外の方は降りてもらう。で、今度は車庫口までターンテーブルを動かして、入庫してもらって、降りてもらって、駐車券を渡して、保管と。お帰りのときは、その駐車券をもらって、入庫したときの番号を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深夜の国道の話

あれは東京で稼いでいたときの、お盆少し前。早めにお盆休みを取って、さ、帰っぺかと用意してたんだが、「ふつうに帰るのもマンネリだ」と思ってしまったのだなあ。魔が差したと、いまとなっては思う。深夜の国道を走ってみようと、思い立ってしまったのさ。結論から言おう。やらなきゃよかった。長距離をかっとばす運転手さん達の命のしのぎを削る戦の場だったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県沖地震のときのこと

あの日は学校で写生会があって、構図もまとまらないしお友達と遊ぶ方にかまけて仕上げられなくて、家に持ち帰って色塗りしてたんだ。テレビでオバQ見ながら。午後五時六分頃におやっと思うような揺れがあった。そのときはまだ大丈夫だった。「今日はトンカツだよ」わーい、やったーと思った五時十五分だったと思った、どんな風に揺れたか、どんな音がしたかは覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あこがれの変形学生服

夕刊を配る時間というのは、学生さんたちのお帰りの時間でもある。アタシの時代とは様変わりしたもんでございますわい。まずは男女ともブレザー。女の子はそれにミニスカートで。ん?ミニは制服じゃないのか?家の近くの高校の子のそれはどう見てもミニだぞや。アタシの感覚が古いのかな。男どもは、まず、リーゼントみたいなのは、居なくなったな。何ていうんだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩釜に異国の船が来たときのこと

はるか昔の思い出をひとつ。昔は、ロシアはソビエト連邦といった。其の頃のお話。日ソ漁業協定とやらに基づいて、ソ連の漁船が日本各地の漁港に来たことがある。その一隻が塩釜に入港するというので、野次馬根性で見に行った。町の中はでっかい日の丸をつけた街宣車でいっぱい。どこもかしこもあの車とシュプレヒコール。何とか埠頭にそれがあるとは、ニュースで知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more