テーマ:まくろびおてっく

買っちゃったぁ

只今のアタシは、 まくろび庵主催の 座学中心のマクロビオティックと言えばよいものかどうかあれだが 「スピリッツフ―ド」の 受講生である。 この講座には お食事がつく。 無論、マクロビオティック100パ―セント。 ところで。 お食事は講座の後に出る。 そのお食事も、授業の一環ってえか、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アタシにとってのまくろび生活とは

自給暮らしの話。 多少ゆるゆるだが、マクロビオティックな食生活を、何だりかんだり1年以上続けてる。 なんつったか、花巻の人。農学校の先生やりながら小説書いたひと。 「一日に玄米と野菜と味噌を食べ云々」 あれはまさにマクロビだべな。 アタシのいまの食生活だ。 最初はもう、いつ倒れるかなって思ってたけど。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気持ちが後ろ向きになりかけたときは・・・

気持ちが後ろ向きになりかけている。 アタシは所詮、とか、どうせアタシなんかとか、口から出てしまう。 変態だし、バカだし、描いてる絵だって自己流だし、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 後ろ向きのオンパレード。 スイッチ入っちゃった そんなときこそ、マクロビオティックだそうで。 わこうさん、言ってた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄米の不思議なちから?

以前、わこうさんのお店で個展を開かせてもらったことがある。 そのときのひとコマ。 お客さんが、自然食に興味があるとかで来店された方だった。 で、わこうさんが目指すところのマクロビオティックのお話を、聞かせてもらっていたのだが。 何だっけ。 不思議なちからがあるという。 クルマででかけていて、不思議と赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新ブログ始めました

以前、アフィリエイトでわんつかでも稼げたらいいべなあ、やりてえなあというのをここに書いたが、それを、昨日、立ち上げた。よかったら見てやって。タイトルは「大日本玄米菜食運動」〔爆笑〕大きな声で、日本で、玄米菜食をうったえていけたらいいべなあっていう思いでつけた。こっちでも、アフィリエイトはできたんだろうけど、契約者が違うんで。ポイントが全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実家にいるとどうしても食べざるを得なくなる食べ物

アタシは、ゆるめのまくろびあんだ。動物性の食材は、食べたいなあって思ったときは食べる。でも、毎日続けたりしちゃうと、身体に響く。玄米と野菜の食生活は、アタシに生きる希望と勇気を与え続けてくれてる。おかげさんで、ひところよりも体調がよい。ウンコもおなかにたまらないし。いま、実家に居て、これ書いてる。朝飯はまだだ。アトリエにご飯があるから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の飯は昨日の晩飯

以前からやってみたいと思ってた「野菜のすき焼き風」をやった。油揚げがいい働きをしてくれたと思う。その残りに、玄米の残りご飯をがっつり混ぜて「おじや」に。このまま食ってもよかったけど、いちおう茶碗によそって。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニンニク2年目ねぎ今年

左側のはニンニク味噌。右側はねぎ味噌。左側のは生協で売ってた麦味噌、右側は岩手県花巻のささちょうだったかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨晩は居酒屋でごはん

「全戸配布、一般家庭から事業所までとにかく、建物あったら配りなさい」という指示でのチラシ配布。これはこれでまた楽しい。いちいち考えなくて済む。大抵のチラシ配布は、「お昼しか人の居ないところは配らないこと」といわれているためで、そうなると、一般家庭と事業所がごっちゃになってるようなところなんかは見極めないとあとで苦情が・・・。さて。この仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まくろびのアイスクリームを考える

この前と言うかだいぶ前。マクロビのアイスクリームの作り方を書いたような気がするが。マクロビオティックはご存知のとおり、動物性食材を一切使わない方針で。これでアイスクリームをどう作るかってえと。牛乳は豆乳に、砂糖は甜菜糖などに変えればいいとして、タマゴの代わりはなんじゃろうと。あのふうわりしたのは卵でないと出せないのであろう、か?そもそも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まくろび庵の「新作」

チョイット前。久方ぶりに新寺さ行った。『まくろび庵』ぷちりにゅーあると聞いたから。新作メニュー目白押しだった。まず、いつもの玄米カレーの付け合せに、「味噌汁」が仲間入り。ご自分でお作りになった味噌ではなかったろうか。「シンプル玄米定食」もできた。玄米ご飯に胡麻をかけ、味噌汁に、これまた自前のおしんこを。わこうさんの玄米ご飯は、ご飯自体が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作ったおかずの解説

あとで、作ったおかずの写真を出します。その前に、そのおかずについてのことを詳しく書いておきたい。まずは、昨日のカレー。オーガニックベースさんの「根菜カレー」をベースにしつつ、買い置きの野菜をほとんど投入して作った。ので、陰陽からすればめっちゃくちゃでござるかな。にんじん、ごぼう、れんこん、まいたけ〔シメジだったかな〕、玉ねぎ、長ネギ、里…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ししとう追加

お鍋でことこと煮込んだお野菜に、まずはお味噌をぶち込んで味噌汁。半分消費したところでカレー粉を。ついで、揚げたししとうを投入。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝のごはん

「ウナギもどき」を作ってみました。お豆腐に山芋をおろして混ぜ込んだのを、海苔においてひらべったくのばして、あぶりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うんこの画像は

ダメでしょうな。マクロビオティックを始めてそろそろ1年半近くなりますかね。いままでと違うことはそれはもういっぱいありますよ。まず体重。それまでのアタシは107キロあったのが、玄米ごはんと野菜おかずで、少しづつ少しづつ減量できましてな。いまは88キロだが、きっちりと実践していた頃は83キロまでいったものだった。いまはちょいとね。へへへ。油…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野武士だったか浪人だったか武士だったっけか?

どっちも似たようなもんだけどさ。さて。某男性アイドルさんが、そういう生活をしたいと呟いたのをがっちりとらえて「ではどうぞ」と、いきなりの。初めは散々ぼやいておったが、やがて慣れてきだしたかして、まんざらでもないような雰囲気であった、かな?その生活のしっぷりをここで書くのもいいが、ここではまくろびに焦点を合わす。いちおう時代設定は戦国時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お肉と砂糖はハレの日のごちそうにしましょうよ

今日は、岩手・花巻のそーべーずカフェさんで、何だっけ、講座があった筈。参加してもよかったんだけど、北原ハーブガーデンさんのところで出すつもりの絵がうまくいかなくて・・・。今日も描きます。「ゆのっち」もついでに。まだまだ練習!ゆのっちもそうだけど、女の子の顔はやっぱりむつかしいわい。男もだけどさ。さて。ここではまくろびの話をするんだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンビニ弁当にも感謝を!

いま、このようなご時世で、御値段のお安いものがありがたいというか重宝というか。食べ物にもそれはもちろん及んでいる。コンビニの、500円以下で買えるお弁当。売値がそれということは、人件費から運び賃から何から差し引いて、さて、原材料費は幾らかな?って。そしてその原材料は?と、アタシなんかは考えてしまう。も1つ加えると、精白米のご飯の弁当だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝のご飯

ゴボウとニンジンのきんぴら。キノコと玉ねぎとレンコンとこんにゃくのドライカレー風炒め。大根おろし。玄米がゆ。そば。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネギ弁当

今日はアトリエに篭って構想&試作。朝ご飯の残りに、カボチャとネギをそて-したのを載せました。油はオリーブ油。梅干しをそえて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝のご飯

炊き上がったばかりの玄米ご飯と、野菜汁[ベースは昨日のかしわうどんの残り]。デザート?として、カボチャの黒蜜煮。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まくろびの芋煮会、なんちゃって

動物性の食材を一切入れないで作る芋煮の会なんて、どうだべかなあ。いま。河北ウィークリーなるものを片手にこれを書いておるが、仙台風芋煮の作り方なんていうのが書かれてある。材料として、〔豚バラ肉、里芋、白菜、大根、人参、ごぼう、長ネギ、シメジ、こんにゃく、とうふ、味噌、醤油〕とある。マクロビオティック風にやるなら、豚バラを油麩に変えればあと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more