いじられて諦めるなんてできるか!


私は、生まれたときからガタイがデカかったもんで

みなさん、初めの内は様子見でおとなしく接してくれる

私は、お小さい頃から天然物だったもので

それと解られた後は地獄でございました

毎日泣かされて家に帰りました

そして、妙に護憲派でお体裁を気にする両親とくに母

いじられたらぶん殴れとか一切言わず

泣く奴があるか、泣いたらダメなんだ、

泣いて帰ってきたら我が家がみんなの笑い者になるんだ、この恥さらし

と、家でまた泣かされて

まあそんなこんなで50まで過ごしてまいりましたが

この年齢になってもまあだ

いじってくる奴が居るんですよ

誰だったかな

天性のいじられキャラと思って諦めれ、ハラワタん中でバカにしておとなしく生きろ

ってアドバイスくれた人がおった

世の大半はそうやって生きてるもんだよと

私も、そのようにしようと頑張ってみたつもりだ

それで、マリファナ云々の話を書いてみたりしたわけだ

ダメだったな

思い出しちゃうもん

気がつけば吼えている

これは合わないんだと判った

合わないことやってもしょぅない

たたかうしかない

嫌なことは嫌なものだとわかっていただくしかない

勝手にいじっておいて、いじられキャラんだからしょうがねえだろ諦めろなんて、

クソくらえ、だ

そもそもいじられキャラなんどという言葉が市民権を得ているのが間違っている

これが世間だというなら叛旗を掲げるまで

この記事へのコメント