昨日の朝から今朝にかけての記録

昨日の朝。6時に仕事終了。

己の健康と世界の何ちゃらかんちゃらを、食を通じて見つめる「スピリッツフード」受講日だったのと、

「青葉まつり」宵まつりだったのが重なって

早めに行かねえと道中混むべなあ、どうせ早めにいくならと、

ばばっと飯喰ってささっと支度して、

7時半にはクルマに乗って、とりあえず、七ヶ浜へ〔笑い〕

このところ何故か七ヶ浜さ行くのだ。

誰に逢えるわけでもないのに。

逢えるとすれば、鼻節の神様だろうか。

この日もいい天気。

お社の由来とご祭神を石碑で確認。少なくとも、奥州平泉の藤原氏より前、安倍頼良の大殿の頃から既にあったものと思われる。猿田彦命のことは、あとで調べた。あとで書く。

七ヶ浜のアンチャンネエチャンと、一部の愛好者の方に大評判の誉れ高い「ハトポッポ」を見つけた。

平日に行けば、何とかなるかな?

道中には波乗りの人が集う浜がある。やれそうなものならやってみたい。

苫小牧からのフェリーも見れるしのう。

いいところだ。

次にそのフェリーの入港を見たくて、仙台港フェリー埠頭さ行く。

埠頭の人とか、太平洋フェリーの人なんか、「あ、また来た」なんて思ってるかしらん。

でも、アタシは観に行くの。好きだから。

この日の入港は「きたかみ」であった。おいでませ仙台!

あと何でかこのところ、埠頭に行く途中、わこう氏の昔の職場の前を通ってしまう。

明るいブルーのつなぎがかっこよかったな。

産業道路をひた走って、新寺へ。

このところまくろび庵近くの駐車場は土日は混雑してて。

空きが1つあったのはラッキー!

そして時間まで読書したり仮眠したり。

・・・で、講座終わって、アタシは夕方の仕事のためにまた、戻る。

講座ではお昼ご飯を出してくれるのだが、この仕事のために、

他の受講生の方と、講師のわこう氏と、もう1人、実技指導の先生のほづみ氏と、

談笑しつつの和やかな昼餉というのを、カットせざるを得ない。

でも、そんなアタシを気遣ってくれて、アタシの分のご飯をお弁当にしてくれるのがまたうれし!

アタシも、ランチジャー用意して行っちゃった。味噌汁も出るし、その味噌汁がまたうまいのよ!

まくろびの味噌汁ってのは、格別なものでがんす。

っで。まつりを横目で見ながら、朝来た道を逆戻り。

駐車場で飯食って、少し寝て、バイクに乗り換えて、出陣!

帰りに、近くの八百屋さんで買い物して・・ってここで、気がついた。

いままでなら、アタシの絵のファンの方の八百屋さんがあって、

そこは、他とくらべるとはるかにお安いこともあって、アタシは重宝してたの。

だけども、ま、色々ありましてね。アタシ個人の勘違いなことだろうと思うけど。

足が遠のいてしまってる。申し訳ないことだけども。

ごめんなさいね。

いま通わせてもらってるところは、鮮魚も扱ってる。その日に仕入れた魚介類をさばいて、

その日のうちに売り切るって感じだな。

イカの、刺身「以外」のところが売りに出てた。一皿3ハイで150円。わたもついてる。

トマトと大根とにんにくと、しょうがと、買って、

久々に手前の「家」で過ごす休日前の晩であった。

圧力鍋は便利だ。

先ほどの材料に、家にあった野菜〔大根とフキの葉っぱと人参と玉ねぎ〕なぞを適当に切り分けて、ことごとくぶちこんで、お水と塩を入れて、蓋をする。

火にかける時間が10分から15分。あとは火を消して放置するのが30分くらい。

ああうまい。

ご神饌のお下がりのお酒を一合ほど呑んだところで、うつらうつら・・・・

さっさと、寝た。歯も磨かない。だって疲れたんだもーん。

で、今朝になったわけだ。

職業病で、まず2時半、それから4時には目が覚めちゃう。

で、布団の中でもぞもぞやって、

腹へって起き出すのが5時半。まず歯磨き。

それから、神様へ朝のご挨拶を済ませて、

ご飯。

昨日作った鍋をイッキに平らげてしまう。アタシは相撲取りか?

で、いまこうやってブログを書いてるというわけだ。

ゲップがイカくさい。

ふと見ればタバコがまだ残ってた〔アメスピのナチュラル〕

最後の1本を喫む。うまい、が、けむい。

やっぱアタシには、キャプテンブラックかな?

あとで別のブログ〔大日本玄米菜食運動〕にも書くが、

後ろ向きの性格はもうやめたい。

そこで、精白砂糖断ちをやってみるか。

その代わりといっちゃなんだが、

甘いものが欲しくなるだろうから、

仕事終わるまで我慢して、

仕事終わったら、

神様に御供えしてる純米酒のお下がりを

ぐーっとあけることにしよう。

それで精白砂糖を使った甘いものの代わりとしようかなと。

白い粉の恐怖はアレだけじゃなかったのね!

そんな贅沢な、安く抑えなくちゃダメじゃないかっていわれることもあるけど、

安いものには安いなりのわけが必ずあって、

それでカラダ毀して、医者行って、ってことになるくらいなら、

アタシは食材にはお金も時間もかける。

先ほどの八百屋さんはその意味でもとってもいいところだったのだけど、

アタシの心の病のせいで行きにくくなっちゃって、

その心の病の元と考えられるのが、

精白砂糖らしい。

だから、精白砂糖断ちをやる気になった。

あの白さってのは、不自然なものだったんだね。



粗精糖 1Kg
こだわり食材 572310.com 楽天店

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント