頑張れ日本ハムファイターズ!

さすが流石のダルビっシュ。と、我が家の野球好きが異口同音に称えておりました。我らが楽天は、ダル抜きでも負けてしまいましたけど。かくなる上は、日ハムに頑張っていただきたい、優勝していただきたい!と、思うのでありますよ。始球式に大泉洋さんが出るってえことは、無いのかな?ねえ、北海道とくれば、「どうでしょう」でしょう?アタシはラーメンと「トラック野郎」の3作目ロケ地と、北見の愛幸丸さんと、札幌のコアなお友達と、北海道といえば色々とね、あるんですけど、「どうでしょう」には一際強烈なパワーを感じますな。あれ関連だけでも北海道さ年1回行くべか、なんて思わせるものが。日ハムが勝ってくれれば、さらに、お楽しみが増えましょうな。日ハムといえば、過去にはお荷物だの万年弱小球団などと言われていた時期があったのを、かの大沢親分が大改革を断行して、日本一まであともう少しってところまでってことも、ございましたわよね。アタシは大沢親分の自伝本を持ってる。「男くせえ話になるが」いまはもう売ってないかな?日ハムの監督時代かは忘れたが、危険球を投げた相手チームの投手に激昂して、試合の最中にベンチからマウンドまで飛び出していって、ぶん殴った話なんか大好きだな。リーグ優勝して胴上げで、男泣きに泣いたのも好きだし、祝勝会では酒樽にケツからはまってしまって、「オーナー、ケツで呑む酒はもっとうまいですよ!」っていう話もこれまた大好きだ。そのときの日本シリーズでも相手は確か巨人だったんでなかったかな?あの巨人に勝った日ハムに、負けたってえなら恥じゃなかろう。楽天の分まで頑張っていただきたい。そして、大沢親分のときのような胴上げ&祝勝会を披露していただきたいと、他所者ではあるが、仙台の山奥から切に願うのでございますよ。

この記事へのコメント